やわらか食で美味しく味わう【食事バリエーションを増やす】

記事一覧

食を楽しむということ

老人

健康と生活の向上

食事の時間を楽しく過ごすことは、私たちにとってとても大切なことです。また、ただ栄養を摂るだけではなく、いくつになっても食を楽しみ、味わいたいものです。歳をとって今までと同じように食事をすることが困難になってしまっても、工夫次第で以前と同じように食事を楽しむことができます。そういった工夫の1つにやわらか食を毎日の食事に取り入れるという方法があります。やわらか食とは、介護を必要とする方や、噛むことが難しい方向けに作られた柔らかい食事のことです。実際にどのくらい柔らかいかと言うと、歯茎でも潰して食べることができるくらいに柔らかく作ってあります。以前のやわらか食は、ペースト状に加工されていたり、元の形が分からなくなる加工が施されていることがほとんどでしたが、近年では、見た目は元々の食材のままで、今までの食事と変わりなく食事をすることができるように加工されています。見た目に加え、形や色どりや風味にも工夫が凝らされ、楽しんで食事をすることができ、食欲アップにも繋がる効果があります。やわらか食は、先に紹介があったように、歯茎で潰せるくらいに柔らかく加工がしてありますが、個人によって噛む力が異なるため、スプーンで潰して食べるなどの処置が必要になる場合があります。また、喉につまられたり、むせたりしないように十分に気をつけることがとても大切です。食事をすることは、1日に3回もありますから、少し工夫を凝らすことで、毎日の食事が、ぐんと楽しいものになるかもしれません。美味しく食べてもらうことは、高齢の方の健康や生活の質を向上することに繋がるでしょう。

Copyright© 2018 やわらか食で美味しく味わう【食事バリエーションを増やす】 All Rights Reserved.