やわらか食で美味しく味わう【食事バリエーションを増やす】

記事一覧

高齢者のための食事

ご飯

その人に合わせた介護食を

高齢者になると体の様々な場所が不自由になってきてしまい、以前と同じような生活が出来なくなってしまう場合もあります。中でも大きな問題となるのが食事であり、噛む力や飲み込む力が衰えてしまうと食べられる食事が限られてしまったり、時には食べ物が気管に入ってしまう場合も考えられます。そういった事態を避けるために高齢者用に提供されているのが介護食です。在宅で介護する場合には介護者の食べる力をチェックして、どのような食事ならば大丈夫なのかを判断して食事を用意することになります。やわらか食と呼ばれる食事もそういった介護食の一つです。やわらか食とは固形の介護食であり、その人の噛む力に合わせていくつかの種類に分類されています。固形食であっても簡単に噛むことの出来るやわらか食もあれば、舌で潰すことの出来る柔らかさや噛まなくても良いやわらか食もあります。また、噛む力が弱っているだけではなく飲み込む力を弱っている人の場合にはとろみ食という介護食も存在します。やわらか食であっても飲み込む力が弱っている人の場合には嚥下障害が起きてしまう場合もあるため、片栗粉などによってとろみをつけてスムーズに飲み込むことが出来るようにしているのがとろみ食です。また、こういった固形食での食事も難しいという場合には液体の介護食であるミキサー食や流動食などもあります。介護食を選ぶ時にはこういった食事の中から介護者の状態に合わせることが大切です。

Copyright© 2018 やわらか食で美味しく味わう【食事バリエーションを増やす】 All Rights Reserved.