やわらか食で美味しく味わう【食事バリエーションを増やす】

記事一覧

介護食を利用しよう

食事

介護の負担が減らせる食事

年齢や障害の影響で、物が噛みづらくなったり飲み下ししにくくなったりすることはよくあります。その状態で普通の食事をとっていると、最悪の場合は喉に食べ物を詰まらせかねません。そうならないように、状態に適した食事を用意するようにしましょう。やわらか食は嚥下障害や咀嚼に問題がある方でも、簡単に食べられるように工夫された食事です。飲み込みやすいようにペースト状にした物や舌で簡単に潰せるような固さの食べ物ばかりなので、食事の内容に気を付けなくてはいけない方にも安心して食べさせることができます。またやわらか食は食べる方だけにメリットがある物ではなく、作る側にも配慮された内容になっている点も見逃せません。やわらか食として提供されている食べ物は、すべて調理済みで作る手間がいらない物がほとんどです。おかげで調理に時間をかけずに、ほしい時にすぐに用意することができます。これなら忙しい方でも、短時間で食事が提供できるので負担が大幅に減らせるはずです。しかもやわらか食は、栄養士がすべて計算した上でメニューを作ってあるので栄養が片寄る心配もありません。そういった理由からも、良い健康状態を長く保ちながら生活していくことができます。本来これらの介護食を作るには、食材の買い出しから調理まで通常の料理以上に時間と手間をかけなくてはいけません。でも完成品のやわらか食を取り入れることで、その面倒な箇所を少しでも減らすことが可能です。介護の中でももっとも負担が大きいのが食事作りですが、やわらか食を利用すればその限りでもなくなります。上手に利用して、要介護者とその介護人にとって良い生活水準を保つようにしましょう。

Copyright© 2018 やわらか食で美味しく味わう【食事バリエーションを増やす】 All Rights Reserved.