やわらか食で美味しく味わう【食事バリエーションを増やす】

老人

食を楽しむということ

事務員で働きたい方は派遣で働いてみるのもオススメです。派遣コーディネーターに相談すれば、希望に合わせて派遣先を紹介してもらえることがあります。自身で仕事を検索することもできるので、自分に合った職場を探しましょう。

記事一覧

お弁当

おいしく彩ゆたかな食事

美味しくて彩も豊かなのに飲み込みやすいやわらか食が今人気です。レシピ本を参考にして作ったり、スーパーでレトルトのやわらか食を買ったり、宅配サービスで注文したりと食べられる方法はいろいろあります。やわらか食で年をとっても食事を楽しみましょう。

食事

介護食を利用しよう

やわらか食は食べやすくなっているので、介護を受ける側にメリットがあります。また作る手間や時間が省けるという意味では、介護人にとっても良い影響があるはずです。さらに栄養的にもバランスがとれているため、その点でも大変良い影響があるでしょう。

介護士と老人

いつまでも食事を楽しく

高齢になると、噛む力や飲み込む力が衰えてきます。食べづらくなることで、食欲が落ちてしまい低栄養になってしまいます。やわらか食はとてもやわらかいので食べやすく、見た目や味も変わらないので食事が楽しくなります。調理の手間がかからない、通販や宅配サービスを利用してみませんか。

ご飯

高齢者のための食事

高齢者になると普通の食事が出来なくなってしまうことがあり、そういった場合に使用されるのが介護食です。固形食であっても噛む力が弱っている人向けに作られているのがやわらか食です。飲み込む力が弱っている人向けにはとろみ食があり、その他にも液体の介護食があるため介護者の状態に合わせて選ぶことが大切です。

柔らかく食べやすい

食事

介護食として利用

高齢になると、咀嚼したり嚥下したりする機能が衰えてきます。すると飲み込むときにトラブルが起きるようになり、命や健康に支障が出てくることもあります。そのような事態を避けるために、咀嚼機能や嚥下機能が低下してくるとそれに応じた食事内容にする必要が出てきます。やわらか食はこうしたニーズに応じた食事の一つです。いわゆる介護食の一種ですが、やわらか食と呼ばれる場合は噛みやすく飲み込みやすいようにやわらかく調理されているものをさします。介護食はそれ以外にも様々な形状があり、液体状になったミキサー食や細かくして噛みやすくした刻み食などがあります。やわらか食は固形でありながら柔らかく調理されており、噛みやすく飲み込みやすいのが特徴です。固形というのがポイントで、固形であるため食べたという気持ちが起きやすく、食事の満足度が高まりやすいのです。咀嚼機能や嚥下機能に応じて固さが変わることが多く、容易にかめる、歯茎でつぶせる、舌でつぶせる、かまなくてよいの四段階に分かれています。その人の状態に応じて選ばれます。柔らかすぎると食べたときの満足感が低くなりますし栄養密度が低くなるので、適切な柔らかさを選ぶのが大事です。また、液体が多い場合、とろみをつけてむせないようにする工夫も重要です。やわらか食は自宅で作ることもできますが、ドラッグストアや通販などでも販売されています。レトルトパウチの形が多く、介護の手間を省き食事バリエーションを増やすのに役立ちます。

Copyright© 2018 やわらか食で美味しく味わう【食事バリエーションを増やす】 All Rights Reserved.